トップへ » 当院の診療方針 » 審美歯科 » 保険適用素材と「セラミック」の違い。

保険適用素材と「セラミック」の違い。

保険で使用できる材質には、歯科用のアクリルレジン(プラスチック)があります。しかし、時間の経過と共に劣化や変色が著しいため、審美治療には向きません。審美治療を行うためには、保険適用外・自費治療での材質を使うことになります。

最も理想的な材質はセラミックであり、水分等の吸収が少なく、長期に渡り変色しません。また、他の歯と色を合わすことができますので、自然な歯に仕上げることが可能です。

保険適用素材と「セラミック」の違い


トップへ » 当院の診療方針 » 審美歯科 » 保険適用素材と「セラミック」の違い。


コールバック予約