トップへ » 当院の診療方針 » 審美歯科 » セラミック治療のメニュー

セラミック治療のメニュー

金属アレルギーの方でもご安心【オールセラミッククラウン】
全く金属を使わないセラミックで作られています。色合いが非常に美しく、自然な透明感と輝きがあります。セラミックのみでできていますので、金属アレルギーの心配もございません。冠の周囲の歯肉への悪影響も少なく、ブラックラインも生じにくいといった特徴があります。
短期間で歯並びを整えるセラミッククラウン

より美しさを追求した【スーパージルコニア】
スーパージルコニアは、セラミックの3倍の強度と透明感と、ダイヤモンドに匹敵する硬度があり、第3のセラミックといわれております。従来のオールセラミックに比べ、より自然な白さがあり、患者さんのお口元をより美しく演出してくれます。前歯はもちろん、今まで不可能とされてきた奥歯での使用も可能になりました。

自分の歯を痛めない【ラミネートベニア】
ラミネートベニアセラミックの薄い板で、つけ爪のように歯の表面に貼りつけて使用します。歯を削る量が少なく、ご自身の歯を痛めない点が優れています。しかしながら、薄い板のような構造なため、色合いの表現には限界があります。また、薄いがゆえに、剥がれたり割れたりする可能性については留意が必要です。

【ハイブリッドセラミック 】自然な色合いで歯肉を痛めない
セラミックとプラスチックを混合して作ったクラウン(さし歯)です。審美性に優れ、天然歯に近い色合いがあります。周囲に馴染みやすく、他の歯や歯肉を痛めません。また、金属を使用していませんので、金属の溶け出しによる歯茎の変色や金属アレルギーといった心配もありません。

その反面オールセラミック・クラウンに比べると柔らかく、噛み合わせの状態によっては割れたり欠けたりすることもあります。さらに、経年変化が起きやすく、変色や摩耗といった心配もあります。

【コンポジットレジン】リーズナブルな白い詰め物
「銀歯にしたくないけど、セラミックの歯は高い。」と、お悩みの方はいませんか?
そんな方におすすめの治療方法は、「コンポジットレジン」治療です。この治療は、むし歯を削った後にコンポジットレジンという白い歯科用プラスチックを詰める方法です。

かつてのむし歯治療では、歯を削った後に詰める"詰め物"は、銀歯などの金属や、高価なセラミック、金合金による修復法しかありませんでした。コンポジットレジンと呼ばれる白く粘土のような素材を使うことによって、リーズナブルかつスピーディーに白い歯を手に入れることができます。

【セラミックインレー】健康的で自然な美しさ
通常の保険治療では虫歯を削った後に金属を詰めます。このとき、金色や銀色の金属の変わりにセラミックを詰める方法をセラミックインレーと呼びます。

セラミックインレーは金属と異なり、歯の色を天然歯に合わせることができますので、治療の痕が全くわからず、健康的で自然な美しさが蘇ります。
セラミックインレー


トップへ » 当院の診療方針 » 審美歯科 » セラミック治療のメニュー


コールバック予約