トップへ » 初めての方へ » 最新の医療設備 » 院内感染予防対策について

院内感染予防対策について

院内感染予防対策について「院内感染」。最近テレビやニュースでよく耳にする言葉になりつつあります。病院で治療を受けに行った人、また治療する人が、様々な経路を通じて病気になってしまうことを指します。

医学的にいうと、唇から内側は全部内臓ともいえます。さらに、一般の人が「通院」するお医者さんの中でも歯科は、内科や耳鼻科などとは性格が異なり、歯の治療の場合ほとんどが手術にあたります。

当院では、院内感染予防を目的として様々な行動基準や設備を揃え、予防に取り組んでおります。

滅菌対策のポリシー
■個人専用器具
患者さんの間で使い回しを余儀なくされる切削器具は、個人専用として購入していただくことで、血液を介しての感染の恐れのある病気の予防に努めております。

■ディスポーザブル
治療用ゴム手袋、紙コップ、マスク等はディスポーザブルの物を使用し、患者さんの診療毎に使い捨てをしております。

■注射針は使い捨て
注射針・注射液は一度患者さんに使ったものは微量であろうと完全に廃棄します。

■治療器具は完全滅菌
一度治療で使用したドリルやお口の中に入る器具(吸い込みノズル、エアのノズル等)は患者さん毎の取り替え、高圧蒸気滅菌器により完全滅菌を徹底しております。

■ペーパータオル
手を洗っても、最後にタオルから雑菌が付くのを防ぐため、ペーパータオルを使用しております。

■医療廃棄物は専門業者に
当院では、臨床で出た汚染物(使用済の注射針など)は必ず医療廃棄物処理専門の業者に廃棄を委託しております。

■空気清浄機
空気中の微生物をフィルタリングし、快適な室内環境を保持します。また、診療中のドリル等で発生する有害な粉塵を吸い込むエアーバキュームを各ユニットに装備しております。

■治療の水やエアーも殺菌済み
治療で使用する吹き付け用の水やエアーにおいても、途中に殺菌フィルターを設け、除菌済みの水・エアーを供給しております。


トップへ » 初めての方へ » 最新の医療設備 » 院内感染予防対策について


コールバック予約