トップへ » 当院の診療方針 » 抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントについて

『抜歯即時インプラント』は、インプラントの定着を早める骨補填材を使用することにより、抜歯後即時にインプラントの埋込を可能としました。

抜歯即時インプラントについて

通常のインプラント治療は、抜歯後、穴がふさがるのを待ってから治療を行うため、完治するまでには時間がかかってしまいます。

「差し歯を使っていたが歯根が折れてしまった」
「ぶつけて歯がグラグラしてきた」
など、これから抜歯を控えている方にとって「抜歯即時インプラント」は、選択肢の一つになっていくでしょう。

抜歯即時インプラントの仕組み

インプラント治療は、抜歯した傷口が治るまで2~6ヶ月程待ち、その後インプラントを埋入します。そのため、治療が終了するまでには、下あごで3~9ヶ月、上あごで7~11ヶ月程かかりました。

そうした時間的な制約を打開するために、2001年、Straumann社はTE(Taperd Effect テーパード・エフェクト)という新しいインプラントをリリースしています。

新しいタイプの『Straumann TE(Taperd Effect)インプラント』は抜歯した部分に使用するために開発されました。抜歯部との適合を加味し、先端が次第に細く(テーパー状)なっており、骨との安定を良くするために、ねじ山の間隔(ピッチ)が狭められています。

抜歯即時インプラント

また、骨の欠損が大きいときはGBR法という特殊な施術が用いられます。TEインプラント+GBR法により、インプラントと骨との隙間の骨を確実に再生させることが可能となりました。

GBR法について

抜歯後、すぐにインプラントを埋め込むから治療期間が大幅に短縮。

治療の流れは、抜歯を行った直後にインプラント体を置きます。

次に、インプラント体を骨補填剤で埋め、骨と結合するまで待ちます。3~4ヶ月後に上部構造を載せて完成します。抜歯の治療を待ってからインプラントを埋め込む場合に比べ、4~6ヶ月程治療時間を短縮することができます。

抜歯即時インプラント

関連ページ一覧

■当院の診療方針
一般歯科1回治療(短期集中治療)矯正歯科歯周病治療根管治療
インプラントを考える前にインプラント治療抜歯即時インプラントその日に噛めるインプラント審美歯科ホワイトニング予防歯科
再生治療歯の銀行(ティースバンク)治療の費用について

■初めての方へ
院長あいさつ・経歴最新の医療設備院長コラムアクセス・診療時間プライバシーポリシー

歯についてお悩みの方、ご相談ください。

カウンセリングのお申込・ご予約は、03-3226-0648まで。●月曜~金曜:10:00~13:00/14:00~18:00


トップへ » 当院の診療方針 » 抜歯即時インプラント


コールバック予約